ホーム海外旅行海外鉄道>スイス English
CONTENTS ホーム日記海外旅行記掲示板プロフィールリンク

スイスの鉄道

これまでに乗ったスイスの鉄道を紹介します。

列車一覧
Eurocity(ペンドリーノ) イタリア~スイス間で運行されているペンドリーノ機材のユーロシティです。
SBB Eurocity スイス連邦鉄道(SBB)が運行する客車式の国際特急列車です。
CNL(City Night Line) ドイツを中心に運行される国際夜行列車です。
EuroNight (Alpine Pearls) ベオグラード-チューリッヒ間を走る国際夜行列車です。
ICN スイス連邦鉄道(SBB)の振子式電車です。
SBB Intercity SBBが運行する特急列車です。
SBB InterRegional SBB国内の主要都市を結ぶ列車です。
Gracier Express スイスの代表的な観光列車、氷河急行です。
Luzern-Interlaken-Express スイスの観光列車の一つで、ゴールデンパスラインを構成する列車の一つです。
Venice-Simplon-Orient-Express Belmond社が運行する豪華列車オリエント急行です。

Eurocity(ペンドリーノ)

 かつてスイスのCisalpino(チザルピーノ)社がペンドリーノ機材を用いて運行していた列車です。現在は車両がTrenitaliaとSBBに移管され、Eurocityなどとして運行されています。

Cisalpino_at_Milano ミラノ中央駅にて撮影したチューリッヒ行きのETR470形チザルピーノです。
(2006年3月11日撮影)
チザルピーノ車内 ETR470形チザルピーノの一等車車内です。横3列のボックス席が並んでいます。
(2006年3月11日撮影)
チザルピーノ食堂車 ETR470形チザルピーノの食堂車です。
(2006年3月11日撮影)
チザルピーノ_at_チューリッヒ チューリッヒ中央駅にて撮影したETR470形チザルピーノです。
(2006年3月11日撮影)
チザルピーノ@Brig Brig駅にて撮影した、ETR610形です。これもかつてのチザルピーノですが、現在はSBBのEurocityとして運行されています。
(2013年7月21日撮影)
チザルピーノ@ミラノ ミラノ中央駅に停車中のETR610形です。
(2015年4月14日撮影)
チザルピーノ車内 ETR610形の一等車車内です。横3列の典型的なオープンサロン形です。
(2015年4月14日撮影)
チザルピーノ食堂車 ETR610形の食堂車です。
(2015年4月14日撮影)
▲ページトップへ
SBB Eurocity

 スイス連邦鉄道(SBB)が運行する国際特急列車Eurocity(ユーロシティ)です。主にドイツなどに乗り入れており、ミュンヘン、ハンブルク~チューリッヒ、バーゼル間などで運行されています。

EC@ミュンヘン ミュンヘン~バーゼル間で運行されているEurocityです。SBBの平屋建て客車だけで編成されています。
(2016年5月2日撮影)
EC@ミュンヘン 客車はすべてSBBですが、ドイツ鉄道(DB)との共同運行で、ドイツ国内ではDBのディーゼル機関車の重連で客車を牽引します。
(2016年5月2日撮影)
EC@Lindau Lindauから先は、オーストリア国内を含めてSBBの電気機関車が牽引します。
(2016年5月2日撮影)
EC車内 Eurocityの車内です。横3列のボックスシート席となっています。
(2016年5月2日撮影)
EC食堂車 このEurocityには食堂車も連結されています。
(2016年5月2日撮影)
EC食堂車 Eurocityの食堂車車内です。テーブル配置は独特で、2人席と5人席が交互に配置されています。そしてテーブル間はガラスで仕切られていて落ち着けるほか、頭上には荷物棚もあります。
(2016年5月2日撮影)
EC@グラーツ チューリッヒとオーストリアのグラーツ間で運行されるEurocity Transalpinには、オーストリア国鉄(ÖBB)の一等車とともにSBBのParnorama coarch(パノラマ車両)も一等車として連結されています。
(2016年5月4日撮影)
ECパノラマ車両 パノラマ車両の車内です。横3列のボックスシートは他のIC/ECと同じですが、ハイデッカーであることと窓まで延びた大きな窓が特徴でしょう。大きな窓から、アルプス山脈の広大な自然を堪能することができます。
(2016年5月4日撮影)
▲ページトップへ
ICN

 スイス連邦鉄道(SBB)が運行する振子式特急電車です。最高速度200km/hで、スイス国内で運行されています。

ICN@チューリッヒ チューリッヒ中央駅にて撮影したICNです。白い車体に赤い全面、SBBのマークが目印です。
(2014年7月19日撮影)
ICN出入口 ICNの出入口です。
(2014年7月19日撮影)
ICN_at_Arth-Goldau Arth-Goldauにて撮影したICNです。
(2014年7月19日撮影)
ICN車内 ICNの一等車車内です。横3列で、ボックス席となっています。
(2006年3月11日撮影)
ICN_at_チューリッヒ 2006年に乗車したときのICNです。今と若干デザインが違います。
(2006年3月11日撮影)
ICN_at_チューリッヒ 比較のため、現在の二等車側先頭車です。SBBのマークが追加されているほか、ドア周りの塗装も変更されています。
(2014年7月19日撮影)
▲ページトップへ
SBB Intercity

 スイス連邦鉄道(SBB)が運行する特急列車Intercity(インターシティ)です。

SBB IC@Stuttgart チューリッヒとドイツのシュトゥットガルトを結ぶインターシティです。他国の一般的なインターシティ同様、機関車牽引の客車列車です。
(2014年7月19日撮影)
SBB IC@Zurich スイス国内ではSBBの機関車が牽引します。
(2014年7月19日撮影)
SBB IC車内 チューリッヒ-シュトゥットガルト間のICの一等車車内です。横3列でボックス席となっています。
(2014年7月19日撮影)
SBB IC_at_Brig チューリッヒ-Brig(ブリーク)間のインターシティです。二階建て車両も連結されています。
(2013年7月21日撮影)
SBB IC_at_Brig こちらが二階建ての客車です。
(2013年7月21日撮影)
SBB IC_at_Brig 機関車と反対側は、平屋建ての制御客車になっています。
(2013年7月21日撮影)
SBB IC車内 二階建て車両の二階席(一等車)です。平屋建てと同様に横3列のボックス席ですが、ソファのような席もあります。ソファ席にも席番は振られていましたが、座席として販売されているかは不明です。
(2013年7月21日撮影)
SBB IC車内 二階建て車両の二等車車内です。横4列のボックス席となります。また一等車と同じく、ソファ席もあります。
(2016年5月3日撮影)
SBB IC食堂車 二階建て車両のICには食堂車が連結されたものもあります。2階席が食堂車で、1階席がビストロとなっています。
(2016年5月3日撮影)
SBB IC食堂車 二階建て車両の食堂車です。2階席が食堂車となっていて、片側に2人席、反対側に4人席のテーブルが並んでいます。4人席側は四角いテーブルと丸いテーブルがあります。
(2016年5月3日撮影)
SBB ICビストロ 二階建て車両のICには、食堂車の代わりにビストロ車を連結したものがあります。2階は普通の二等車座席で、1階席がビストロとなっています。
(2016年5月3日撮影)
SBB ICビストロ ICのビストロです。テイクアウトがメインですが、僅かながら座席もあり、ここで食事を取ることもできます。
(2016年5月3日撮影)
▲ページトップへ
SBB Inter Regional

 スイス国内の主要都市を結ぶ急行のような列車です。

IR_at_Arth-Goldau バーゼルとLocarno(ロカルノ)を結ぶIRです。
(2014年7月19日撮影)
IRパノラマカー このIRにはパノラマカーが連結されています。パノラマカーは座席の位置が高いハイデッカーで窓が天井まで広がっており、スイスの素晴らしい景色がよく見えます。
(2014年7月19日撮影)
IRパノラマカー車内 パノラマカーの車内です。このように窓が大きく、景色を楽しめます。
(2014年7月19日撮影)
▲ページトップへ
Gracier Express

 スイスの代表的な観光列車「氷河急行」です。「氷河特急」とも言いますが、ここではGracier Expressを直訳した「氷河急行」と呼びます。氷河急行には、ChurからBrigまで乗車しました。

氷河急行@Chur Chur(クール)に停車中の氷河急行です。氷河急行は客車列車で、平地区間では普通の電気機関車が牽引します。
(2016年5月3日撮影)
氷河急行@Disentis 急勾配区間はラック式鉄道となっており、Disentisから先では専用の電気機関車が牽引します。
(2016年5月3日撮影)
氷河急行@Chur 一等車のパノラマ車両です。天井にも窓を配置した、特徴的な車両です。
(2016年5月3日撮影)
氷河急行車内 氷河急行の車内です。スイス国内のIC等と同じように、横3列のボックスシートが並んでいます。
(2016年5月3日撮影)
氷河急行パノラマバー 氷河急行にはPanorama bar(パノラマバー)が連結されており、飲み物や軽食を購入することができます。
(2016年5月3日撮影)
氷河急行パノラマバー パノラマバーの車内です。バーには立食スペースがあるだけです。
(2016年5月3日撮影)
氷河急行食事 氷河急行では事前予約可能な食事サービスがあります。スタッフがおかずを乗せた皿を持ってきて、それを各皿に盛っていきます。おかずは全部で4種類もらえ、おかわりもできました。コースランチだと、これにスープとデザートが付くそうです。
(2016年5月3日撮影)
氷河急行車窓 氷河急行は最高地点2033mのオーバーアルプ峠を越えるため、GWでも雪景色を見ることができます。
(2016年5月3日撮影)
氷河急行@Brig Brig(ブリーク)駅に到着した氷河急行です。氷河急行のBrig駅はSBBのBrig駅の道路を挟んだ正面にあります。
(2016年5月3日撮影)
▲ページトップへ
Luzern-Interlaken-Express

 スイスのLuzern(ルツェルン)からMontreux(モントルー)までのゴールデンパスラインを構成する観光列車の一つで、その名の通りLuzernとInterlaken(インターラーケン)を結びます。他の観光列車と違うのは、1時間おきに運行されており、地域輸送も担っていることです。

Luzern-Interlaken-Express@Luzern Luzern-Interlaken-Expressは低床タイプの電車です。
(2016年5月6日撮影)
Luzern-Interlaken-Express車内 一等車の車内です。車内は一般的な低床タイプの電車と同じですが、窓が大きく天井にも窓があり、景色を堪能できることが特徴です。
(2016年5月6日撮影)
Luzern-Interlaken-Expressビストロ この列車にはビストロも連結されており、車窓を眺めながら温かい食事を取ることができます。
(2016年5月6日撮影)
Luzern-Interlaken-Expressビストロ ビストロの車内です。ここも一般車両と同じく、窓が大きく、天井にも窓があります。
(2016年5月6日撮影)
ラック式鉄道 Luzern-Interlaken-Expressはラック式鉄道で、急勾配区間では線路間にラックレールが置かれています。他の区間では速度を上げて運転しますが、ラックレールのある区間ではかなり速度を落としての運行となります。
(2016年5月6日撮影)
▲ページトップへ
海外の鉄道トップへ
海外旅行へ
トップへ

inserted by FC2 system