ホーム海外旅行海外鉄道>カナダ English
CONTENTS ホーム日記海外旅行記掲示板プロフィールリンク

カナダの鉄道

これまでに乗ったカナダの鉄道を紹介します。

列車一覧
The Corridor(コリドー号) カナダ東部の主要都市を結ぶ特急列車です。
The Canadian(カナディアン号) トロントとバンクーバーを結ぶ大陸横断鉄道です。
Adirondack 米国のニューヨークとカナダのモントリオールを結ぶ国際列車です。

The Corridor(コリドー号)

 トロント、オタワ、モントリオール、ケベックシティなどのカナダ東部の主要都市を結ぶ短距離特急列車です。

The Corridor_at_Niagara Falls コリドー号はディーゼル機関車牽引の客車列車です。写真はNiagara falls駅に停車中のコリドー号です。
(2008年12月27日撮影)
コリドー号車内 コリドー号のVIA1クラス(現ビジネスクラス)車内です。横4列ですがゆったりした座席です。
(2008年12月26日撮影)
食事サービス コリドー号のVIA1クラス(現ビジネスクラス)では、時間帯にあわせた食事サービスがあります。写真上段は朝食、下段は昼食です。どちらも前菜と主菜がありボリュームもあります。昼食以降はアルコールも無料でもらえます。
(2008年12月26日撮影)
▲ページトップへ
The Canadian(カナディアン号)

 カナダ最大の都市トロント(Toronto)と西海岸のバンクーバー(Vancouver)を結ぶ、カナダを代表する大陸横断鉄道です。4466kmの距離を4泊5日で走り抜けます。スーツケースなどの大きな荷物は飛行機と同じように目的地まで荷物室に預けることができます。

The Canadian_at_Jasper カナディアン号はディーゼル機関車牽引の客車列車です。編成が長いため、重連の機関車で牽引しています。
(2008年12月30日撮影)
The Canadian_at_Jasper 最後尾の客車です。最後尾はSilver&Blue class(現Sleeper Touring Class)専用のラウンジであるパークカーになっています。
(2008年12月30日撮影)
Single bedroom 旧シルバー&ブルー・クラスの1人用個室です。一人用のソファと洗面台、トイレがあり、壁に折りたたみ式のベッドがたたまれています。
(2008年12月27日撮影)
アメニティグッズ 部屋にはタオル、石けん、シャンプー、耳栓などのアメニティグッズと、水、ティッシュが置かれていました。
(2008年12月27日撮影)
食堂車 カナディアン号の食堂車です。旧シルバー&ブルークラスの乗客は1日3回の食事も料金に含まれています。
(2008年12月28日撮影)
Park Car 旧シルバー&ブルークラスの乗客専用のパークカーです。列車最後尾に連結され、車両後部は写真のようなブレットラウンジになっています。コーヒー、お茶、ジュース、お菓子、果物などが置かれており、24時間セルフサービスでいただけます。
(2008年12月29日撮影)
展望ドーム パークカーの中程は二階建てになっており、二階が天井までガラス張りの展望ドームになっています。
(2008年12月29日撮影)
Park car ブレットラウンジから前方を見た写真です。階段を上ると展望ドームになっています。
(2008年12月29日撮影)
Comfort class カナディアン号にはComfort class(現エコノミークラス)という座席車両も連結されています。リクライニングシートのようですが、これで5日間乗り通すのは辛そうです。
(2008年12月29日撮影)
食事 食堂車での食事の一例です。朝昼晩とも、いくつかあるメニューから好きな物を選べるようになっています。
(2008年12月28~31日撮影)
The Canadian_at_Vancouver 終着駅のVancouver Pacific Central Stationに到着したカナディアン号です。パークカーが常に最後尾に来るよう、バンクーバー到着前に方向転換を行います。
(2008年12月31日撮影)
▲ページトップへ
海外の鉄道トップへ
海外旅行へ
トップへ

inserted by FC2 system